1. 無料アクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
現役の頃の話」で触れた勉強法の話です。

 この勉強法には決定的な欠陥もあるのですが、ある面では非常に優れていて、うまく使えばとても効果的なやり方です。

 
といっても別に特別なものではまったくありません。

 その勉強法とは「読む」勉強法です。

 要するに自分では問題を解かない、書かないというわけです。まず問題文を読み、どうやって解くのかなと少し考える。で分からなかったら答えを読む、と、それだけ。

 ほんと「は?それだけ?」的な勉強法ですが、このやり方だと自分の手に負えないレベルの問題でも15分で理解できます。(数学の話ね)

 それこそ問題を読んで「できそうだ」と判断したらとばしますから、「1対1演習」だとひとつの分野が一時間くらいで高速学習できます。その気になれば1日1冊でもやれました。

 どうですか?「書く」勉強は時間がかかるんです。書いて20分かかることが、読めば5分でできます。

 どうせ書いたって1回じゃ覚えられなくて復習が必要になるんだし、読んで復習回数を増やした方が定着もいいんだ!

 そうおもってました。でもこれには欠陥があります。

 これもまた当たり前のことなんですが、実際に解いてみるのと読んで理解するのは頭の働かせ方がかなり違います。実際に解かないと分からない自分のミスの傾向とかもあります。

 実際に解くのはある意味「自ら生み出す」ことです。インプットの練習をいくらつんでもアウトプット能力は向上しないとおもいます。

 もちろんなんでも初めて学ぶときはインプットです。頭の中にないものは出せません。

 だから僕が思う「読む勉強」の利用法は、新しい分野に手をつけるときは読むべきだ、ということです。 たぶんある時期の僕も含めて、苦手分野は手をつけても進まないがために苦手分野であり続ける、という人が多いと思うのです。 そういう人にはまず「読む」ことが必要だと思います。

 全部当たり前のことなんですがね。
スポンサーサイト
07/18|管理人の話コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
東大受験レポート

いちろう

Author:いちろう
はじめまして!東大受験レポート管理人のいちろうです。
いちろうは現在東大の3年生で、このブログは浪人中に立ち上げたものです。

現在の自分の立場から、受験参考書や勉強法について語っていければと考えています。ちなみにいちろうは予備校に通わずに東大に合格しました。似た境遇の方に参考にしていただければ幸いです。

このブログはリンクフリーです!

相互リンク

カテゴリ
最新記事
スポンサード リンク

英語なら、アルクにおまかせ。
問い合わせ
相互リンク歓迎です!!

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログランキング
クリックで応援願います!

FC2Blog Ranking

東大受験生ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。