FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
 近頃、受験勉強とは本番の入試で使うことができる“駒”を増やす作業なのではないかと思えてなりません。
 
 勉強するときにはその知識が「試験で使える形」で身についているかどうかが特に重要だと思います。試験で使えなければそれは“駒”とは言えません。

 例えば、化学を選択している人はだいたい「水兵リーベ・・・」の語呂合わせで原子番号20のカルシウムくらいまで覚えてると思います。しかし、「では、原子番号13の元素は?」と聞かれて即座に答えられる人はほとんどいないと思います。たいていの人は紙に「水兵リーベ・・・」と言いながらカルシウムまでの周期表を書いて、1,2,3・・・と数えてから「アルミニウムだ」と答えるでしょう。

 そして、これは熟練とかいう問題ではありません。1万回周期表を書いたところで、原子番号13はアルミニウムと即答できるようにはなりません。それを意識しない限り(数を数えながら周期表を書くとかね)。

 「現役の頃これだ!!と思った勉強法」という記事で僕は「読む」勉強の利点と欠点について書きましたが、それは上のような視点からもいえると思います。読んである問題の解き方を暗記しても、時間がたてばその問題の事自体をわすれてしまいます。

 ある問題を「理解できる」ことと「解ける」ことはまったく違う、とはよく言われることですが、最近になってやっと身にしみてわかりました。

 本当に当たり前のことなんですが。。
スポンサーサイト

07/22|勉強法コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
東大受験レポート

いちろう

Author:いちろう
はじめまして!東大受験レポート管理人のいちろうです。
いちろうは現在東大の3年生で、このブログは浪人中に立ち上げたものです。

現在の自分の立場から、受験参考書や勉強法について語っていければと考えています。ちなみにいちろうは予備校に通わずに東大に合格しました。似た境遇の方に参考にしていただければ幸いです。

このブログはリンクフリーです!

相互リンク

カテゴリ
最新記事
スポンサード リンク

英語なら、アルクにおまかせ。
問い合わせ
相互リンク歓迎です!!

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログランキング
クリックで応援願います!

FC2Blog Ranking

東大受験生ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。