1. 無料アクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
 大学入試って連想ゲームじゃん。とまた近頃しきりに思うんです。ほんとにこれが全てじゃないでしょうか。

 英語は、例えば英作文なら与えられた日本語などの条件から、適切な英文を連想。

 数学は、与えられた条件と求めるべき答えから解法を連想。

 国語の現代文だって本文と問題文から出題者の意図に沿った答えを連想するわけです。

 理科、社会はいわずもがなです。

 そしてどうやら、問題から連想するべきものが問題の中にあるか頭の中にあるかの2パターンあるようです。東大入試なんかだと両方組み合わせることが多いです。

 そして、これは応用力というものにつながっていくと、思います。たくさん連想できる人ほどいろんな問題に対応できるでしょう。

 連想できるものを増やしていく作業が受験勉強だと思います。

 そして、こう思うとなんだか受験勉強というものにたいしてとても気楽に立ち向かっていける感じがしませんか?こんなにシンプルだったなんて。

 まあだから簡単に点があがるわけではないですが。
スポンサーサイト

07/24|勉強法コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
東大受験レポート

いちろう

Author:いちろう
はじめまして!東大受験レポート管理人のいちろうです。
いちろうは現在東大の3年生で、このブログは浪人中に立ち上げたものです。

現在の自分の立場から、受験参考書や勉強法について語っていければと考えています。ちなみにいちろうは予備校に通わずに東大に合格しました。似た境遇の方に参考にしていただければ幸いです。

このブログはリンクフリーです!

相互リンク

カテゴリ
最新記事
スポンサード リンク

英語なら、アルクにおまかせ。
問い合わせ
相互リンク歓迎です!!

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログランキング
クリックで応援願います!

FC2Blog Ranking

東大受験生ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。