FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
  
生物I・II標準問題精講生物I・II標準問題精講
(2005/07)
柴山 文雄

商品詳細を見る


 
いちろう評価

 難度:★★★★ 分かり易さ:★★★★ 詳しさ:★★★★ おすすめ度:★★★★★
 使用期間:2~3ヶ月 到達可能レベル:一般模試で偏差値72くらい

 「生物Ⅰ・Ⅱ 標準問題精講」も基本的には化学のほうと同じだと考えてよいと思いますが、若干化学のほうとは違う特徴があります。

これは科目の特性自体によるものもあるかと思いますが、「化学標問精講」の9題に対して「生物標問精講」には演習問題が50題もあります。

 本の中では、演習問題は「標問ではカバーしきれなかった内容や、視角の異なる内容、やや高度な内容をもつ問題を集めて」いると説明されている通り、主に「網羅性」の高さをもとめるからだと思います。

 この問題集の使い方としては、やはりまず“標問”をひとつずつマスターしていくことだと思います。僕が使ったときにはまず一通り全ての問題に取り組んでから、できなかった問題をマスターする作業にとりかかりました。



スポンサーサイト
07/28|生物コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
東大受験レポート

いちろう

Author:いちろう
はじめまして!東大受験レポート管理人のいちろうです。
いちろうは現在東大の3年生で、このブログは浪人中に立ち上げたものです。

現在の自分の立場から、受験参考書や勉強法について語っていければと考えています。ちなみにいちろうは予備校に通わずに東大に合格しました。似た境遇の方に参考にしていただければ幸いです。

このブログはリンクフリーです!

相互リンク

カテゴリ
最新記事
スポンサード リンク

英語なら、アルクにおまかせ。
問い合わせ
相互リンク歓迎です!!

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログランキング
クリックで応援願います!

FC2Blog Ranking

東大受験生ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。